トレ日誌

トレーニングの記録とその日の気づいたことを書いています。

細マッチョになるための筋トレの方法ってどのようにすればいいの?

   




細マッチョという言葉を何年か前から耳にするようになりました。
そもそも細マッチョっの定義とはなんでしょう?

それは「細いけど筋肉質」であることだと思います。

じゃあその細マッチョになるためには、
どのような筋トレの方法がよいのでしょうか?



スポンサードリンク



◆細マッチョになるための筋トレ



細マッチョと言えど、
筋肉がある程度なくては、ガリガリ。。。つまりは骨と皮という印象になります。

そこに筋肉をある程度乗っけることで筋肉の形が浮き上がります。


その状態になるための条件としては

・筋肉をつける
・脂肪を落とす

この2つです。


そのためまず筋肉をつけるための筋トレをするのです。
ではどういった筋トレが効果的なのか?

それはゴールドジムなどにいるマッチョな人と同じトレーニングをしましょう。

もちろん扱う重さは自分のできる範囲です。
ただトレーニング方法やフォームなどは同じようにしましょう。


細マッチョになりたいのになぜマッチョな人と同じ筋トレが必要なのか?


それは筋肉をつける方法は同じだからです。

そうして成長速度も極端に変わるなんてことはなく同じ位の速度です。

つまり今現在マッチョな人も筋トレをする以前は細かったのです。
ですから同じ道をたどることが一番の近道なのです。

マッチョな人が今の体を作り上げるのに5年かかったとするならば、
2年くらいで半分ですよね。

その時点で筋トレを維持する方向性に変えれば良いのです。


そうした筋トレとともにカロリー摂取をきちんとして、
お菓子などを食べすぎないようにすることです。

あとジュースもですね。


お菓子やジュースをやめて、
普通の食事だけにすることでもキレある体になります。

高タンパク低炭水化物などという言葉に踊らされてしまうと、
食事が偏りと上手く痩せることも筋肉も付きにくい体になります。

まずは筋トレと普通のクリーンな食事をしましょう。

スポンサードリンク



◆具体的な筋トレはなに?



では具体的にどのような筋トレがよいのか?

・ベンチプレス
・デッドリフト
・スクワット

まずはこの3つをしっかりやり込むことで十分に細マッチョになれます。

やり方としては、

①10回できる重さで3セット
②20回できる重さで3セット
③5回できる重さで5セット
④1回しか上がらない重さ

これらにスピードを付けてみたり、
重りを下げる位置を深くしたり浅くしたりとバリエーションを増やしましょう。


◆最後に



ホントに細マッチョだからと特別な筋トレとかはひつようありません。
マッチョになる前の状態が細マッチョだからです。

ただひとつ、1年以上はきちんと続けることが大切です。
筋トレで一番難しいのが継続なのです。

今まで、何人も筋トレ教えてくださいといわれましたが、
誰も続いていません。


そうしてフォームはなるべくきちんと身につけましょう。
教えてもらえるならばそれが一番です。

効かせるとか効かないとかは二の次です。
きちんとしたフォームで筋トレして、
筋肉が付けば自ずと「効く」という感覚もつかめます。


そのようにして、ある程度の筋肉が付くことでランニングマシンをしていても、
隣の人は随分違った印象に見えると思います。


スポンサードリンク

 - その他 ,