トレ日誌

トレーニングの記録とその日の気づいたことを書いています。

スクワットの重さは重いほうがよいのか?軽いほうが良いのか?

   




トレーニングを始めると、まず覚えるのがフォームだったりします。
しかし、そのフォーム通りやっていてもなかなか伸びない。

特に一人でトレーニングを始めると何かと不安になります。

その一つに、扱う重量があります。


例えば20キロプレートをつけて60キロで行った場合、
フルスクワット10回できたとします。

しかし、80キロで行った場合フルスクワット1回から2回という感じで、
レップ数が少なくなります。

この場合。。。

・重いので少ない回数をこなすべきなのか?
・軽い重さで10回を目安にセットを組むべきなのか?



スポンサードリンク



◆重いほうがよいのか?軽いほうが良いのか?



結論としては、両方ありです。

重たいので行うと、どうしてもレップ数は少なくなります。
しかし、その重さの負荷がかかります。

もちろんフォームがあまり崩れないようにというのが前提です。


ただこの場合重さに耐えうるやり方に体が反応します。
ですから刺激が分散してしまう傾向があります。

スクワットの場合、お尻とハム、そして大腿四頭筋になります。
しかし、重たくするあまりに全身フルで使います。

その結果、効かせたい場所に効かない感じとなるんです。

また、重たいと回数が少なくなります。
その分疲れ具合がよくわからない状態にもなります。


10回できるくらいの重さで10回やるのと、
5回しかできないくらいの重さで行った場合は10回の方が疲れます。

ただ5回のほうが疲れにくいからといって刺激が少ないわけでもありません。
その分重さの刺激は伝わっています。

どちらが良いというのではなくどちらも刺激としてはありなのです。



ざっくりとわけるなら、

・10レップの重さのほうが筋肉への刺激
・5レップの重さのほうは筋力への刺激

という感じです。

スポンサードリンク



◆フルスクワットかハーフか?



扱える重さの違いでいえばレップ数だけでなく、しゃがむ深さも関係します。
同じ重さでもハーフなら10回できるが、フルなら5回という感じです。


重さはどちらも必要といいましたが、深さはどちらがいいのか?
これもどちらもありきです。

スクワットになにを求めるのかで違ってきます。


スポーツに活かしたい場合ならハーフで行うほうが良いです。
というのもフルにしゃがんで行う場面てないんじゃないかなぁと思うからです。

中腰の体制からのスタートが多いと思います。

そのため、ハーフのほうがそういった場面に有効だと思います。
ただ強くなるのはハーフまでのしゃがみに対してだけです。


私の場合は重いのを挙げたい、足を太くしたいということもあり、
深くしゃがんでいます。

ハーフで重たいのを挙げたとしても、
フルにすると全く挙がらないなんてことになります。

だったらフルで地道に重さを伸ばしていったほうがいいかなと思うんです。

ですが、停滞した時などは刺激を変えるためにハーフで重さをのせたりもします。


ハーフじゃダメどかたまに耳にしますけど、
求めるものがあるならば、また刺激のために行っているのであれば、
全然ありだと思います。


ただ気をつけたいのはハーフの場合重い重量が扱えます。
よって怪我しやすいという面もあります。

とは言え無理に深くしゃがんでも同じことがいえますけど。

やはり最初にしっかりしたフォームを身につけるとよいです。


ざっくり簡単にいうと、まずフロントスクワットでのしゃがみましょう。
そうすることで腰を後ろに引きすぎる事のないしゃがみ方が身につきます。

また扱う重量もバックスクワットと比べて、重たいのはできません。
だからフロントのフォームで行うとケガしにくいと思います。


◆最後に



重いのでやるか軽いのでやるかはその時の状況によって変わるものです。
ですからどちらがダメで、どちらがいいというものではありません。

ただ言えることは、重さを求めても、
なかなか簡単には重たいもが上がるようにはなりません。

また筋肥大をもとめてもなかなか太くなりません。


運動の底上げにしてもきちんと行なわないと効果も出にくいと思います。


考えながら、コツコツ積み上げるしかないのです。

スポンサードリンク

 - , ,