トレ日誌

トレーニングの記録とその日の気づいたことを書いています。

ダイエットにおいて食べて痩せるとはどういうことだろうか?

   

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_s


体重が減らない。。。

減量してるわけではないんですけど、増やしてるわけでもない。
どちらかと言えば、少しづつ絞りたい。

そう思って3月くらいからトライしています。


食事内容は夜はいつもどおりの食事。


白米、おかず2品。

朝はパンと果物、ヨーグルト。

昼は無し。


それまでは間食としておやつ、ジュースを採っていました。


3月からは間食とジュースなし。
飲み物は水とブラックコーヒーのみ。


以前の体重は67キロくらいだったのですが、
今現在(6月17日)の体重は70キロ。


ウエストは正確には、測っていませんが76センチ。

3月には履けなかったズボンが履けるようになりました。


うーん。。。なんとも言えない。



スポンサードリンク



◆6月16日(火曜日)のトレーニング



今日のトレーニングは背中

メニュー

・合戸式デッド100キロ
・ラット60キロ
・チンニング1回
・プリー35キロ
・マシンワンハンド60キロ
・アッパーバック35キロ


今日は上背を中心にトレ。


合戸式で5セット後にドロップで60まで。

その後チンニングやったら1回。。。しかできない
懸垂苦手です。


当然ラットも自重の重さは扱えるはずもなく60キロでセット組みました。


アッパーバックなんですけど、本来は肩の後ろを鍛えるみたいですけど
上背にちょうどよくて、
肩甲骨を寄せるのをしっかりと意識してやったんですけど、

これが。。。すぐバテてしまって30キロが重いんです。



合戸式ですと100キロで
トップポジションにて胸を出して肩甲骨を閉じるという動作ができていたのに、

アッパーバックになると30キロに。



案外できていないのかもしれない。。。


しばらく合戸さんお休みしようかな。

下背部の方はラットとかで結構効くので上背をもう少し考えます。

スポンサードリンク



◆ダイエットにおいて食べて痩せるとはどういうことだろうか?



体重の話を書いたんですけど、

最近読んだ本で森拓郎さんの
運動指導者が断言!ダイエットは運動1割・食事9割というのがあるんですけど。


なんとなく理解していた事がすごく分かりやすく書いてあります。


ダイエットというと「食事制限と運動」が王道パターン。


摂取カロリーよりも消費カロリーを増やせ!!みたいな。

間違いではないけれど


例えば、

脂肪1キロを燃やすために必要な運動量はマラソン100キロ。


だから現状の食生活のまま運動量を増やしたところでどうなるものか

無理。。。




摂取カロリーを抑えるために食事制限を始めると、やせるというかやつれることに。



ただ単に食べなければ良いと思ってしまいがちなんですけど、
それでは不健康まっしぐら。



森さんいわく必要なものはきちんと摂取しないとダメなんだとか。



タンパク質は体のあらゆる部分の源。

髪の毛、皮膚、爪、筋肉、内臓など。


脂肪は細胞膜を形成したりするのに必要。

脂質に関しては揚げ物ばかりを食べるとかでなければ
そんなに気にする必要はないんだとか。



問題は炭水化物。




炭水化物は糖分としてエネルギーになります。

しかし使われない分は脂肪として貯蓄されます。


この炭水化物が結構自分が食べているものには
たくさん含まれていることが多いのです。


例えば白米とか麺類、パン、粉物なんかもそうですよね。


いわゆる主食です。




この炭水化物をメインに意識して減らす方向せいで食生生活を見直すのが
本当のダイエットなんだとか。


タンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルはきちんと摂取していかないと
体がうまく機能しません。


とくにビタミンやミネラルは潤滑剤てきな役割が大きいので、
炭水化物をへらした食生活に変えた場合でもビタミン、ミネラルが不足したなら

脂肪は上手く燃焼されないんだそうです。


タンパク質から内臓や筋肉を作る場合も同じでビタミンが必要。


やっぱり不足すると体自体が生産されないので痩せますが、やつれるという感じに。



食べて痩せるなんていうことをよく耳にしたのですが、
森さんの言っていることはまさにそうなんじゃないかと思うんです。


体重が増えても痩せるなんてすごいことですよね。

スポンサードリンク

 - 背中