トレ日誌

トレーニングの記録とその日の気づいたことを書いています。

手首に負荷をかけずに上腕二頭筋を鍛える方法ってあるんでしょうか?

   

a8fed097a879b410d22ac9f0fadca08d_s


上腕二頭筋のトレーニングにおいて
力こぶを大きくしたい!!

そう思って筋トレをはじめて一番最初に行う種目はきっと
ダンベルカールだったりしますよね。


鉄アレイとかだと購入するのに邪魔にならないしお手頃ですからね。

しかし上腕二頭筋を鍛える際に

上腕二頭筋より先に
前腕や手首の方が先に疲れてしまったり限界がきてしまう。。。


そんなことってないですか?


上腕二頭筋にほとんど負荷がかけられずに疲れてしまうと、
二頭のトレになりません。


もちろん、前腕を太くする意味ではありなのですけど。

一応目的、狙いは上腕二頭筋。


そこで、手首に負荷をかけずに上腕二頭筋を鍛える方法はあるのだろうか?



スポンサードリンク



◆手首に負荷をかけずに上腕二頭筋を鍛える方法はないだろうか?



今回上腕二頭筋の鍛え方なんですけど、
前腕や手首に効かないようにする方法を紹介します。

というか自分がやっているやり方です。


使用する道具は、チューブ、鉄アレイ、ダンベルなどどれでも構いません。

種目はダンベルカールについて。



ダンベルを握る時に5本の指で握っていませんか?

これはダメではないけど、ダメです。
親指を使ってダンベルを握りこむことでどうしても前腕に力入ります。

それで手首も折り曲げようとします。


ですからダンベル握るときには親指を伸ばしたままにするか、外してください。


種目は違うんですけど、親指を外す説明です。



で次に重量設定なんですけど親指を外すことなくダンベルカールを行うと、
前腕と二頭筋を使用して持ち上げる事になりますから重たい重量が扱えます。

これも二頭筋に効かせられない原因の一つになっています。


親指を外して背筋を伸ばした状態で少し前傾姿勢になり
肘の位置を固定してカールを行います。

親指を外してダンベルを手のひらに乗せる感じです。


それがまず無理なくできる重さから初めてフォームの確認をしてください。


こうすることで前腕や手首が疲れること無く二頭筋のみに効かせることができます。


二頭トレの注意点について





あと前腕が強かったりする場合って、
どうやっても前腕に力が入る傾向があります。

そんなときはリストストラットプを使うといいですよ。


基本リストストラップは引く動作の時に使うんですけど、
前腕でしっかり握らなくてもストラップで巻きつけてあることで

ダンベルが落ちませんからほぼパーの状態でカールができます。


私も最初はずっとリストストラップ使ってやってました。

スポンサードリンク



◆6月27日(土曜日)のトレーニング



本日のトレーニングは二頭です。


メニュー


バーベルカール25キロ
ダンベルカール10キロ
プリチャーカール10キロ
ハンマーカール7キロ
21レップカール2.5キロ
マシンカール20キロ
ナローラット40キロ


バーベルカールなんですけど、なんだろう手首の都合上?上手く収縮できません。
ダブルバーであっても可動域は浅めです。

まぁUPの意味合いでやっている種目のような感じです。

もっと重たい重量でチーティング使って何やってるのか
よくわからないこともしてりまします。

全身運動?


その後ダンベルカールをやるんですけど、やっぱり二頭筋は絞り込みが大事。

収縮時に絞り込むんですけど、
その際に手首を外側に曲げるとさらに絞れます。

この時体を前傾にしていないと負荷が逃げますから注意です。


後傾になると上腕に前腕が乗っかる感じで負荷が抜けます。


プリチャーカールは支点がきちんと作れるので少し重たいのが扱えます。


とはいっても種目で3つ目ですと疲れているので
カールと同じ重さになっちゃいますけど。


ハンマーカールぐらいから前腕もつりはじめておかしな状況に。。。

ここで21レップをいれると誰の腕だかよくわからない事に。



ラットプルダウンで最後にシメとして二頭でひっぱるとトレ終了です。

スポンサードリンク

 -