6990d4d2f0a821bacb58ebd2290e041b_s

暑くなってくると露出が増えます。
これは男女共にいえること。

毎年のことなので夏が終わる頃になると来年は鍛えようかな。。。。

とか思うのである。

そして5月くらいになり暖かい気候に変わり始める頃、
「そろそろ体を鍛えよう!!ダイエットしよう!!」といった目的を立て

行動するものの。。。

7月になってもその効果は一向に表れる気配がない(汗)

ランニングを毎日しているのにどうして痩せていかないのか?

◆有酸素運動だけでは痩せない理由

有酸素運動であるランニング。

この時期走ると汗が滝のようにながれて
すごく充実感や達成感を感じずにはいられません。

しかし。。。実際はどうなのか?

5月からあんまり体重が変わっていない?!

どうしてなんだろう?

自分では、けっこうなペースで走っていて体力的にも限界なのに。

ランニングで消費できるカロリーは1時間あたり463Kcal。

アンパン1個が300から400カロリーですから、
そのぶんくらいの運動となります。

すごく頑張ってランニングしてもコンビニでアンパン食べてチャラ。

運動で痩せるということは結構たいへんなのですよ。

食事の栄養素といえば

[su_note]タンパク質
脂質
炭水化物[/su_note]

この内の炭水化物の摂取が現代人の食事内容だと多くなります。

だからといって糖質カットや食事制限を行うとかではなくて、
炭水化物の摂取のしかたを考えていくと、かなり変わってきます。

運動するなら運動する前に糖質を補給してあげるとかね。

それ以外では摂取しない。

だから夜ご飯には炭水化物は要らないとかよく言われるんです。

あとは寝るだけですからね。

炭水化物は体を動かすためのエネルギーですから
必要なものなので、そのタイミングしだい。

運動も大事ですけど、まずは炭水化物と向き合ってみるといいかも知れません。

◆まとめ

炭水化物をゼロにすることよりも、
タンパク質を多めにとることを心がけるほうがよいです。

炭水化物って何食べても摂取できちゃいますからね。

タンパク質重視の方で調度良い量になる思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事