筋トレしている時の写真などをみると、
歯を食いしばっている人もいれば、歯を食いしばっていない人もいます。

さて歯を食いしばるのと食いしばらないのと、どっちがよいのだろうか?

スポンサーリンク

◆歯を食いしばってトレーニングしていると。。。

重たいものを持ち上げる時には歯を食いしばった方が持ち上がるんじゃないか?
そんなイメージってありせんか?

私の場合についてなんですけど、以前は歯を食いしばっていました。
というのもそれがクセだったんです。

特に自分にとって重たい重量を上げるときなどはかなり食いしばっていました。

で、あるとき歯医者に行って診察してもらうと、
歯が欠けたり、歯にヒビがはいってひどい状態だったのです。

おまけに歯が根元からグラグラしているのでよろしくないとのことでした。

そこで歯を食いしばるクセを治すことに。

◆歯をくいしばった時と食いしばらなかった時の違いとは?

歯をくいしばった場合と、はを食いしばらなかった場合とでは、
持ち挙げる重さに関しては違いはないと感じました。

ただ今までやっていたクセなので、
食いしばった方が力が入る感じがするだけです。

実際は食いしばらないほうが、
余計な力が変なところに入らないので良い気がします。

MAX重量もちゃんと伸びます。

食いしばらないためには口をポカンとあけて、
下唇を上の歯の裏にいれたりすると食いしばることなく挙げることができます。

最初はやはり違和感がありますが、私の場合すぐに慣れました。

スポンサーリンク

◆最後に

歯を食いしばってトレーニングしていると歯や歯茎がすごく痛いんですよね。

トレ後にガム噛んだりするのが辛かったです。

しかし、食いしばることなくトレーニングするようになり、
歯茎の痛みは、ほぼなくなりました。

「ほぼ」というのは、たまに食いしばっている時があるみたいで、
トレ後にガムたべると痛かったりします。

そのようにクセを治して半年後くらいに歯医者にいくと、
かなり歯の状態は改善されていてグラつきも正常の範囲内だと言うことでした。

さて歯を食いしばるのと食いしばらないのと、どっちがよいのだろうか?

結論としては歯は食いしばらなくてもMAXは伸びます。
また食いしばらないほうが歯や歯茎が痛くなくてきちんと咀嚼もできます。

それに、歯茎がぐらつくと歯周病にもなりやすいとのことなので、
できればトレーニングは歯を食いしばらないほうがオススメです。

スポンサーリンク
おすすめの記事