9bf3a52800cfc6f933a418d76f94c6e6_s

胸のトレーニングです。

胸といえばベンチプレスですよね?

ジムに行くとベンチプレスが人気がありますから、
なかなか空いてなかったりして思うようにトレーニングできないなんてことも。

そんな日はサッサと違うメニューを作りなおしてトレーニングですよね。

◆6月1日(月曜日)のトレーニング

今日は胸のトレーニングでした。

種目は

[su_note]①マシンインクライン45キロ

②バタフライ45キロ

③ダンベルフライ20キロ

④チェストプレス50キロ

⑤ケーブル2.5キロ

⑥スミスマシン50キロ[/su_note]

最近は冒頭でも書きましたがベンチプレスは人気があり
なかなか使いたい時に空いていません。

だからといって胸をやらない。。。なんていうわけにはいきません。

そんな時に「なんでベンチあいてないんだよ。。。」なんていう時間も惜しいので
ベンチは今のジムに通いだしてすぐに諦めました。

でメインはマシントレーニングに切り替えることに。

マシンなんて。。。とは思いましたが、
これがやっていくうちに意外に良いものであると思いはじめ。

今ではしっかりと効かせることができるようになりました。

で空いてるフリーウェイトはダンベルだったので、
ダンベルプレスですと35キロくらいしかないのでダンベルフライをメインに。

ベンチプレスは100キロくらいしか上がらなかったのですけど、

フライをメインに行って来た結果90キロが10回上がるようになりました。

ベンチにこだわらなくても重さは上がっていくものなのだと実感しました。

◆筋トレでの10回3セットってどういう意味なのか?

私の場合パーツがどこであろうともセット数は4~5セットくらいになります。

重さの目安としては
今現在は1セット10回できる重さを基準にしています。

とはいえ。。。10回できる重さは目安ですしかありません。
例えば①マシンインクライン45キロでは、

1セット目からすでに8回しかできませんでした。

「10回できる重さ」というのは私の場合6回~12回くらいです。

セット数も8回、6回、5回という感じでセット数が増えると
当然筋肉は疲れてきますから回数は減ります。

この場合ですと8+6+5=19

本来の予定は10回×3セットですから30回になる予定。

このままですと11回不足しています。

そこでセット数が増えてきます。

5回、4回とあと2セット出来たなら-2くらいなり近づきますよね。

私の場合のセット数は、
「10回×3セット」という基準に合わせていつもこのように行っています。

10回3セットというのは、ギリギリ10回できる重さという意味ですから、
10回できないなんてことはザラです。

そのような重さ設定でやらないと筋肉に刺激がいきません。

またセット数も回数がトータル30回に近くなることで
筋肉にまんべんなく刺激が行き渡るということになります。

◆まとめ

きっちり10回3セットできちゃう場合は、
限界の重さではないということなので気をつけてくださいね。

いつまでたっても肥大しない。。。なんてことになりますから。

スポンサーリンク
おすすめの記事