93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s

ジムに通う目的は色々あるとは思いますが、
通うということは自分の体に対しての意識が高いということでもあります。

スタイルよくなりたい。
健康的でいたい。

ジムに通う目的には大きくこの二つの目的があります。

では

ダイエットにおいて必要なのは、

食事制限
有酸素運動
筋トレ

一体どれなのでしょう?

◆ダイエットで必要なのは、食事制限?有酸素運動?筋トレ?

ジムに通う目的の一つにダイエットがあります。

最近体重が増えてきてお腹にお肉がついてきたのを取り去りたい!!

もちろんジムに通うわけですから、
ダイエットに必要なことは「運動」であると思っていますよね。

運動にも2種類あって

・有酸素運動
・無酸素運動(筋トレ)

まずはこの2種類のうちの運動ですが、
どちらがダイエットに向いているのか?についてです。

結論は「無酸素運動(筋トレ)のほうがダイエット向きである」

なぜか?

体の余分なお肉とは脂肪です。

この脂肪を減らしていくことがダイエットであるならば、
脂肪をエネルギーとして燃焼させることが必要。

そのために必要な物が筋肉です。

ですから、有酸素運動よりは筋トレのほうが必要かつ不可欠な運動になります。

しかし。。。

基本的な理屈としては①筋トレ②有酸素運動の順番で良いのですが、
有酸素運動でも筋肉はつきます。

普段からあまり歩いていない場合は、
ウォーキングすることで脚や腕、腰回りの回転、呼吸の為の内臓運動。。。

現状よりも多く火r打を使いそのために必要な筋肉がついてきます。

ですから実のところ運動である限りなんでも良いのです。

たくさん筋肉をつけたほうが、
たくさん燃焼してくれるという理屈は間違っていません。

だからといって無酸素運動(筋トレ)を行えばよいのか?というと
そういうわけでもありません。

見よう見まねで行っても、さほど体は変化しません。
ウォーキングやエクササイズに関してもそうです。

じゃぁ運動って意味ないの?となりますが、
意味が無いことはありません。

しかし、思ったほど効果は得にくいということです。

特にジムに通うにしても自分流で行うわけですから、やはり限界があります。

パーソナルトレーナーといって
個別にマンツーマン指導してくれる人に頼むならば話は別ですが。

個人の知識では限界は早いです。

一流の選手がお金を払って見てもらうくらいですから、
素人の私達が自分で何とかなるだろうというレベルではないんです。

運動で痩せるとかってホントに難しい事なんです。

そこで。。。運動は適度に行うも痩せるためにできる残された方法が食事です。

◆ダイエットに必要な事は食事の改善

食事の改善と聞くと考えることは「食事制限」となりますよね?

間違いでもないですけど、なんでもかんでも制限すると、
これはまた難しい方法になってしまいます。

ではどうするか?

食生活を見直すことから始めましょう。

基本的に食事ということは自然物であるということ。

それは加工されているものをなるべく控えること。

「お菓子」
「ジュース」

そういった類のものです。

要は「間食」するにしても
お茶だとかフレーバーティーとかね。

砂糖がないもの。

お菓子もね。

ポテチやチョコとかではなく「ナッツ」とかね。

食事は1食抜くとかではなく3食でOKなのですが、
腹八分目に抑える制限は必要です。

きちんと食べているんだという認識をしっかり意識しなくてはなりません。

最初はなんか物足りないと思うかもしれません。

しかし極端に制限するわけではないので強烈な食欲が襲って来るわけではありません。

普段から腹八分目で、
ファストフードではなく普通の食事をしていれば、
週末にデザート食べても何ら支障はありません。

それに加えてジムで体を動かす週間が身に付けばよりよくなるわけです。

◆7月12日(日曜日)のトレーニング

今日のトレーニングは脚トレ

メニュー

3セット10回

[su_note]レッグプレス110
レッグエクステンション40
レッグカール30
ダンベルランジ15
スクワット50[/su_note]

これらを2周

久々のトレーニングでしたが、なかなかよかったです。
3セット10回なのですが、きちんとできるわけでもなく6回ぐらいになる時もあります。

そういった時はセット数を増やします。

そうすることでトータル数を同じにします。

3セット10回ですから30回になるようにセット数を増やすわけです。

種目数を減らして2周することで結構な負荷になります。

2回目の重さはもちろん1回めよりも落ちます。

同じ重さで出来た場合は効いてなかったということになるのか?
回復?したのか?

少なくとも同じおもさで挑戦しましたが、私の場合できませんでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事